新着情報

下肢静脈瘤の日帰り手術について

2015年03月01日

 

~『下肢静脈瘤』の日帰り手術のご案内~

下肢静脈瘤は、日帰り手術で治療することができます!

<診療の流れ>
初診日
医師による診察と生理検査技師による超音波検査を行います。
治療希望の方は、治療内容についてご説明いたします。

手術前検査
身体が手術を受けられる状態であるかの検査を行います。
血液検査、心電図、心エコー検査です。
手術前より、弾性ストッキングを購入していただき、
装着の指示を行います。

手術前日
手術前日に体調の確認、食事や内服薬の確認のお電話を
させていただきます。

手術日
手術は局所麻酔で行い、約1時間で終わります。
手術中は点滴から眠くなるお薬を流し、うとうと眠った状態で
受けることができます。
手術2時間後に医師の診察にて問題がなければ、
弾性ストッキングを装着しお帰りいただけます。
手術後は、車の運転や激しい運動はお避け下さい。

手術2日目
痛みや出血がないか症状の確認のお電話をさせていただきま
す。

手術1週間後
医師の診察を行い、傷の状態を確認します。
その後は定期的にフォローしていきます。

下肢静脈瘤でお困りの方は気軽にお問い合わせください

写真