診療案内/下肢静脈瘤手術

CT・X線

HOME > 診療案内 > CT・X線

CT検査

  • CT検査

    X線を360度全方向から照射し、コンピューターを使って画像処理を行い、体を輪切りにした断面画像が撮影でき、
    全身の詳しい検査が可能です。
    検査は、ほとんど苦痛をありません。息止めや体を動かさないなどの制約がありますが、通常5~20分で終了します。

  • 造影剤を使用したCT検査

    検査部位や検査目的によっては、造影剤を用いることにより血管や病巣が
    判りやすくなり、正確な診断が可能になります。
    当院のCTは80列のマルチスライスCTですので、動きの速い心臓の血管
    (冠動脈)も明瞭に描出が可能です。

X線検査

  • 胸部X線検査

    胸部にある臓器(主に肺・心臓・大動脈など)に異常がないか
    を調べる検査です。胸部にX線を照射して平面撮影し、肺に異常
    な影がないか、心臓の形に異常がないかを調べます。
    その他、腹部や骨の異常等、全身の撮影も可能です。